本文へスキップ

技術士協同組合は1976年設立の文部科学省認可の事業協同組合です。



CEA:Consulting Engineers Associates

技術士協同組合は1976年設立の文部科学省認可の事業協同組合であり、技術士法で定められた職業倫理を遵守する厳正中立な組合員、ネットワーク会員、オブザーバー(技術士以外のネット会員)で構成されています。

技術コンサルタントの世界 2017.5.1 森田裕之



定例会ー月末土曜日15時ーのJEF会議室での業務委員会・上野世話人に、久しぶりに榊君・原子力(東芝OB)が出てきて独立したと言ったので、井戸田さん・JEF専務のサウジの原発購入の話や東芝の話、小さい話では、私が愛用している六城君の  http://www.rokujo-radium.com/ ラジウム鉱石の枕の話などで盛り上がりました。
私の同期の古田君・化学は、広島で被爆して背中に火傷跡・ケロイドがあり、被爆者手帳を持っているが、健康そのもので子供3人、孫6人の家族が居る元気な爺さんである、広島や長崎の被爆者手帳の持ち主の健康調査をしたら、面白いんじゃないだろうか?

井戸田さんとは、30年くらい前からのお付き合いで、アメリカやドイツでの見本市視察団の旅行会社を井戸田さんが経営していたころから交流があります、技術士はもっと主張すべし、という意見の持ち主で、何時でも新聞社を呼んで書いてもらいますからとはっぱをかけられています。
そういわれても、日本の技術士の実態は、大方は会社員だし、独立・自営者は、若い人はごく少なくマイナーだし、年配者は会社の定年後の人が大多数で、纏まりがつかないのが、アメリカのPEとの違いなんです、中西部(トランプを支持したrust stateと言われるmichigan,ohio,illinois州)のPEに何人かの付き合いはあったけど、we are the security of public welfare (我々の存在が、公共の福祉を担保しているんだ)と、はなはだ態度がデカかった記憶がある。(このテーマは日本とアメリカの国の成り立ちの違いから、おおざっぱに言うと、公共事業は日本は役所がやっているが、アメリカでは民間なので、税金を使うために、公共の福祉を担保するPEの存在が、不可欠になるのです)
井戸田さんはそういう情勢をよく理解したうえで、我々にはっぱをかけているんです。



NEWS新着情報

2017年5月20日
平成29年春独立開業セミナーが開催されます。
☆「独立したいけど不安が…」。その不安を本セミナーで解決!
☆あなたに合った独立開業のキャリアプランをアドバイス!
☆受講者の30%以上が既に独立して活躍(過去11年間の実績)
このうちの大部分の方は、若くして独立を実現!
【セミナー開催の概要】
1.日時 平成29年5月20日(土) 9:30〜17:00 (懇親会 17:10〜18:40)
2.会場 北とぴあ8階808会議室 東京都北区王子1-11-1(最寄駅:JR京浜東北線・地下鉄南北線王子駅)
3.内容 定年前、定年後に独立開業するための、個人事業主としての手続き、税務申告の仕方、名刺の作り方等のノウハウ、独立事例の紹介及び講師も参加する少人数グループでのディスカッションと個別カウンセリング
.受講料 日本技術士会会員:29,800円   テキスト代、参考書籍代(『独立・自営のススメ』・草月堂書房、昼食代及び懇親会費を含みます
日本技術士会会員以外:39,800円   
詳細説明・参加申し込みはこちらをクリックしてください。
ここで使用する参考書「技術士 独立・自営のススメ」はこれから独立する諸君は、ぜひ参考書として、本棚に置いてください
2017年4月27日
公開・会員内のホームページを更新しました
2017年4月6日
キャリア登録参照コーナーを更新しました
2017年4月22日
日本技術士会登録グループ 新規開業技術士支援研究会活動紹介:を更新しました

バナースペース

技術士協同組合

〒101ー0062
東京都千代田区神田駿河台2ー1ー19ー308(大治法律事務所内)

TEL 03-3233-2061
FAX 03-3292-7498

最終更新2017-4-30
2001-9-9より