本文へスキップ

技術士協同組合は1976年設立の文部科学省認可の事業協同組合です。



CEA:Consulting Engineers Associates

お薦めサイト・リンク

坪井 洋一

会員関係者相互の理解と仕事に役立てるために、会員名簿および提供技術を用意しています。
技術コンサルタント業務や、各種研究会、技術評価などの仕事を、会員関係者相互の協力で推進に寄与することを目的としています。
名前  坪井 洋一
生年 1942年
最終学歴・学科名 新潟大学工学部電気工学科
主要資格(資格名、分類、レベル) 技術士(電気電子部門)
技術士(総合技術監理部門)
第一種電気工事士
語学 英語:初級+α
中国語:初級
インドネシア語:初級
スペイン語:少々
主要業務経歴 昭和40年4月〜昭和50年3月
・電気通信施設機器設計:
昭和50年4月〜昭和60年3月
・制御設備等システム設計及び情報処理システム設計他:
昭和60年3月〜平成10年3月:
・河川情報、砂防情報、道路情報システム等設計業務(洪水予警報システム含む)
平成10年〜平成30年4月(現在):転職しコンサルタント専業
・河川施設、道路施設、砂防施設等の調査設計業務:
・河川情報システム、砂防情報システム、道路情報システム、防災情報システム、制御処理システム及び情報処理システム等の調査設計業務
専門分野 専門分野:河川、砂防、道路、防災等の分野を中心とした各システム設計、施設設計(電気設備、通信設備、制御設備、情報処理設備外)、施設計画等 
やりたいテーマ、興味ある分野 ・今までの経験を活かしこれからコンサルタントを目指す技術者に対して可能な範囲で支援を出来ればと思っています。
・今後の社会貢献への模索。
・過去の海外でのコンサルタントの経験を活かし、同様な道を目指す技術者への支援。
・防災分野・危機管理分野等で今までの経験が生かせればと考えています。
コンサルタントとしての実績・受託業務内容 JICA海外コンサルタント業務に参画(インドネシア、中国他):FS及び詳細設計
国連のUNDPプロジェクトに参画(バングラデシュ洪水予警報システム構築)
国内河川、砂防、道路、防災等のコンサル業務(管理技術者として実施:100件以上)
・電源設備調査設計(水力・受変電・発電・配電設備外)
・河川管理施設設計(河川情報システム、テレメータ設備、多重無線設備、移動通信設備、衛星通信設備、レーダ雨量計、ダム管理制御設備等の調査設計)
・道路管理施設調査設計(トンネル非常用設備、照明設備、情報表示板、CCTV監視システム他)
・砂防管理施設調査設計(砂防情報システム)
・防災情報システム、情報処理システム、遠隔監視制御システム

技術士協同組合

〒101ー0062
東京都千代田区神田駿河台2ー1ー19ー308(大治法律事務所内)

TEL 03-3233-2061
FAX 03-3292-7498