本文へスキップ

技術士協同組合は1976年設立の文部科学省認可の事業協同組合です。



CEA:Consulting Engineers Associates

お薦めサイト・リンク

松田晃一

会員関係者相互の理解と仕事に役立てるために、会員名簿および提供技術を用意しています。
技術コンサルタント業務や、各種研究会、技術評価などの仕事を、会員関係者相互の協力で推進に寄与することを目的としています。
名前 
松田晃一
生年 1960年
最終学歴・学科名 京都大学農学部食品工学科
主要資格(資格名、分類、レベル) (1) 技術士(生物工学)
(2)エネルギー管理士
(3)放射線取扱主任者第二種一般
(4)公害防止管理者水質・大気・騒音
(5)第二種電気工事士
(6)経営学修士(MBA)
語学 (1)通訳案内士英語(プロフェッショナル)
(2)英検準1級
(3)工業英検2級
(4)独検3級(初級)
主要業務経歴 (1)1984年キリンビール入社し、計30年間、ビール・飲料の製造、品質保証、工場建設、容器開発に従事してきました。
(2)1997年キリンビール名古屋工場で合計7年間、パッケージング工場のリニューアル・建設工事でエンジニアリング技術を習得しました(配管設計、コンベア設計、機械選定)
(3)2004年キリンパッケージング研究所主幹として飲料容器開発、ペットボトル容器開発・バリア技術開発に従事。
(4)2008年キリンビール滋賀工場副工場長として品質保証&人材育成担当に従事
(5)2011年キリンビバレッジ生産本部技術部長、2014年キリン早期退職 2015年4月飲料食品ビジネスコンサルタントとして起業、会社設立。
専門分野 (1)発酵、微生物による有用物質生産
(2)飲料食品工場の危害微生物コントロール
(3)食品工場排水の生物学的処理(好気&嫌気)
(4)飲料パッケージング容器開発(ペットボトル、飲料缶など)
(5)ペットボトルバリア技術開発(ダイヤモンドライクカーボン、DLC)
(6)飲料食品工場エンジニアリング(工場建設、配管設計、コンベア設計)
(8)飲料食品工場生産性改善(トヨタ生産方式)
(9)ペットボトルのリサイクル技術
やりたいテーマ、興味ある分野 (1)食品工場排水の生物学的処理(好気&嫌気)
(2)飲料食品工場の生産性改善&危害微生物コントロール
(3)飲料食品工場エンジニアリング(工場建設、配管設計、コンベア設計)
(4)プラスチックボンベ技術研究会
コンサルタントとしての実績・受託業務内容 (1)飲料食品工場の生産性&品質改善
(2)飲料機械会社技術支援
2017年5月現在、合計7社の会社の技術顧問。
(3)中国フィルターメーカー技術顧問(2016年)
(4)JapanPET Outlook(JPET)日本国チェアマンを継続(2014年〜)
(5)講演 2014年9月東京パック(東京ビッグサイト)
    2016年7月DrinkJapan(東京ビッグサイト)
    2016年12月日本包装技術協会関西支部
    2017年4月台湾生命科学研究機構(Taiwan ILSI)

技術士協同組合

〒101ー0062
東京都千代田区神田駿河台2ー1ー19ー308(大治法律事務所内)

TEL 03-3233-2061
FAX 03-3292-7498